2021 さがえトライアスロンフェスティバル

中止のお知らせ


令和3年5月31日

選手関係者の皆様へ

さがえトライアスロンフェスティバル実行委員会
会長 遠 藤 正 幸

大会中止のお知らせ

昨年来よりの、新型コロナウィルス感染症感染拡大の収束がなかなか見通すことができないところに、昨年7月の大雨により、728日最上川の増水被害に被災してしまいました。主会場である「グリバーさがえ」が冠水し、大量の流木や土砂の流入等で甚大な被害を受け、未だに復旧できない状況となっております。
 現在、復旧工事を急ピッチで実施しておりますが、施設構造の理由で工事完了予定が、早くとも10月末という事が判明いたしました。つきましては、本年9月19・20日に開催を目指した「2021さがえトライアスロンフェスティバル」は、誠に残念ではございますが、開催を断念せざるを得ないと判断させていただくことに決定いたしました。

 来年にはワクチン接種も進み、新型コロナウイルスの感染拡大も落ち着くと思います。併せて、「グリバーさがえ」の復旧も完了し、周辺の整備も着実に実施され、リニューアルされた環境での大会が開催できると思っております。

 選手や関係者の皆様には今しばらくお待ちいただき、新しい生活様式での大会を、新しくリニューアルした「グリバーさがえ」で開催できるよう実行委員会上げて準備いたします。
 今後とも、さがえトライアスロンフェスティバルをよろしくお願い申しあげます。


 お申込みいただきました皆様へ、参加料の返金の準備が整いました。

2020年7月6日(月)より、現金書留にて順次ご返金いたします。

今後とも、さがえ トライアスロン フェスティバルをよろしくお願い申しあげます。

 

さがえ トライアスロン フェスティバル実行委員会

会長 遠藤 正幸

さがえ トライアスロン フェスティバルとは

 主会場の「グリバーさがえ」は、山形県の母なる川最上川の河川敷地に整備された約20haの都市公園で、特徴的なのは長さ600m幅110mの全国で唯一の完全管理型の多目的水面広場を有することです。その施設を最大限に活用できる競技スポーツとして、トライアスロン競技を取入れました。

 

 特にスイムの安全性については、会場である多目的水面広場の水深が1.5~1.8mで、水質も海水浴場レベルの水質を保っております。また、監視体制についても、水上及び陸上からの監視ができ、緊急時は即座に対応出来る体制となっております。

 

 このような環境の中で、パラトライアスロン・キッズ・ジュニア・スプリント・スタンダードと、トライアスロン競技全て実施する「さがえトライアスロンフェスティバル」を開催し、トライアスロン競技の認知、普及や育成を行い、多くのトライアスリートに参加していただける2日間です。

さがえ トライアスロン フェスティバル 2020 PR動画です。

昨年(2019年)の、ダイジェスト映像です。